300年続く縁起物を送る
法人様向けギフトなら大堀相馬焼松永窯

なぜ大堀相馬焼が選ばれるのか?

大堀相馬焼の左馬は「右に出るものがない」という意味があり、非常に縁起が良いとされています。地元の福島では昔から大事な節目やハレの日には、企業や自治体が配ることで願を掛けるという風習がありました。

大堀相馬焼松永窯が約束する4つの安心サービス

  • 包装紙・手提げ袋
  • のし・名入れ
  • メッセージカード
  • 領収書発行

お取引企業様へのご挨拶、ご成約にも

毎年やってくるお中元、お歳暮をはじめとしていつもお世話になっている取引先へのご挨拶をする際へ何かギフトでお困りではないでしょうか?日頃お世話になっている取引先へのお礼はギフト選びを「面倒なもの」「お金がかかるもの」と思われていませんか?「めんどうくさい」「会社の方針で辞めた」ということもよく聞きますがそんな会社が増えたからこそ、贈り物をすることでとても目立ちますし、取引先・クライアントへの心に残り続けます。

いつもお世話になっている大切な取引先やクライアントに感謝の気持ちを伝えたり、経営者同士でセンスの良い贈り物をすることで「いつもあそこの得意先(社長)はいつも贈り物のセンスが良いな!」「今回はどんな贈り物なんだろう!楽しみです!」とよりよい関係を築くコミュニケーションツールになります。このようにギフト・贈答品選びを少し工夫することで取引先の心もつかみ、次第にビジネスに大きな効果として良い影響が出てくるでしょう。

また重要な契約をご成約をした際にちょっとしたサプライズがあるとお客様にとって安心感や信頼感につながります。

来場記念のノベルティに

企業・法人・大学・自治体にとって、とても重要な式典やレセプションは取引先やクライアントへのアピールの場です。たくさんの方へ自社の姿勢やメッセージを伝えたい。そんなときに取引先やクライアントへの上質な贈答品として、伝統工芸品を贈るというのが最近流行になっています。当店も創業以来、福島の企業や自治体など重要な節目に記念品のお手伝いをさせていただき、贈った人や貰った人にもとても喜ばれています。

開業・開店祝いに

ハレの門出は大堀相馬焼を贈ることで願を掛ける。
そんな風習が福島では昔からありました。
大堀相馬焼の左馬は「右に出るものがない」という意味があり、非常に縁起が良いとされています。贈った人ももらった人も自慢したくなる逸品を揃えました。

創立・周年記念に

創立や周年の節目はとても重要です。取引先のお客様やクライアントとの信頼関係強化につながりますし、従業員への連帯感向上など目に見えない効果が期待できます。
お世話になっている会社が5年目、10周年を迎えるから特別なものを贈りたい、自社が創業から20年を続いたから、従業員と取引先に感謝の印として特別なものを贈りたい。そんな相談もたくさん寄せられてきました。
創立や周年記念で大堀相馬焼を選ぶことは自社の企業姿勢をアピールできる、これ以上ないチャンスです。

「このような場合、どんな商品を選べば良いのでしょうか。」「予算◯◯円で、おすすめの商品はありますか?」
などお気軽にご連絡くださいませ!
ご希望の商品に社名やロゴ入れも可能です!

  • ※ご希望の商品・数量によってはご用意のお時間いただく場合がございます。
  • ※名入れ・ロゴ入れご希望に関しては2〜3週間お時間をいただきます。

トップに戻る