松永陶器店コラム

第10回 完成|江戸時代の大堀相馬焼、復刻までの歩み。 

2016年、松永窯は約300年前に使われていた大堀相馬焼を現代に復刻しました。

 

 

約300年前、江戸元禄時代の大堀相馬焼をどうやって現代に甦らせたのか。なぜこのようなことを行ったのか。今回から約1ヶ月にわたり、お伝えしていきます。

第1回 まほろんでの出会い

第2回 文化隆盛の時代、元禄

第3回 大堀相馬焼の現状

第4回 福島県ハイテクプラザでのヒアリング

第5回 再びまほろんへ

第6回 産総研への相談

第7回 益子の土

第8回  瑞浪で土のスペシャリストに会う

第9回 試行錯誤の連続

 

スクリーンショット 2016-08-30 17.36.53

完成

試行錯誤を重ね、ようやく完成しました。

 

p1520068

 

 

 

img_4597

 

釉薬の色も十分に再現できており、当時の重厚感や厚みも再現できました。

 

p1520072
しかし、作品の重量に関してはまだ完全には再現できておりませんでした。

 

スクリーンショット 2016-09-01 14.35.14

 

(第11回 アレンジ に続く)

**********************************

江戸元禄期 大堀相馬焼販売ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

トップに戻る