松永陶器店コラム

大堀相馬焼が買えるお店紹介 東京編その1

東京で大堀相馬焼が買えるお店紹介!第1弾!

こんにちは。
コラム担当の西田です。

以前は物産展などのイベントの店頭に立つことも多かったのですが、その際よくいただいた質問が「相馬焼って東京では買えないの?」でした。

インターネット通販ではなく、実際商品を見て手に取ってから購入したい!という方のために、相馬焼を置いていただいている店舗を少しずつ紹介していこうと思います。

まずは、東京都内にある2店舗から!

 

①秋葉原/御徒町 「匠の箱」@2k540

akioka

http://www.1no1.jp/contents/site/

http://www.jrtk.jp/2k540/shop/

秋葉原と御徒町のあいだの線路の下にある空間。
小さなお店がたくさん並ぶ、不思議で素敵な場所です。

美しい日本の季節に合わせ、工芸品が醸し出す至福の時。世界で愛されるSUWADAの爪切りはじめ、日本が誇る匠の逸品をご紹介します。

「ヒトを結ぶ」「モノを結ぶ」「コトを結ぶ」など様々な「結ぶ=LINK」により、高架下空間を有効利用。

ここ数年、馬喰町(古い雑居ビル、倉庫)、黄金町バザール、乙仲通り(海運会社ビル)など時間がつくりあげた歴史を感じる建物に人気が集まっています。高架下も古き良き時代感を残しつつリノベーションすることで、新たなブランド価値を創出します。

才能ある次世代のクリエイターを発掘し、育て、支援し、世界に向けて活躍できる環境を構築していきます。
運営事務局を設置し、空間、商品、プロモーション活動全般をプロデュースし、施設のもつブランド価値を高めます。

流行に敏感な若い職人やデザイナーによって作られた少量生産のこだわりの商品。
一つひとつ丹念に作られる商品は、大量生産の製品にはないぬくもりと、新しいデザインに溢れています。

そんなショップ街にある「匠の箱」という店舗さんに相馬焼を扱ってもらっています。

店主さんはとっても穏やかで気さくな女性。
まったりおはなししながら店内を眺めていると、あっという間に時が過ぎてしまいます…!笑

ショップ住所:東京都台東区上野5-9 (山手線 秋葉原駅と御徒町駅間の高架下)

 

 

②押上 東北スタンダードマーケット@ソラマチ、スカイツリー

 

http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/415/

なんとスカイツリーの中にも相馬焼があります!

扱っていただいているのは、4階10番地の「東北スタンダードストア」という店舗さん。

 

東北のデザイン民芸・雑貨・食品を中心に、職人さん達との会話や現場の風景を見て、 感じたことをセレクトショップとして表現しました。

東北の新しいスタンダードを発信する「東北スタンダード ストア」が関東初出店。東北の工芸品やデザイン・アートグッズ、書籍に加えて、工芸家・アーティストと共に作り上げたオリジナル製品の販売も行っています。

単にモノを作り、販売するだけでなく、「東北」が持っている熟成された地域性や個性を発信していく場、それが東北 STANDARD STOREです。

なんといってもこのカラフルな棚が魅力的!
伝統工芸品をポップに展示する、伝統を新しく見せる素敵なお店です。

 

2店舗ともそれぞれ異なった雰囲気を持ち、何度訪れても飽きない楽しさや奥深さがあります。
お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ!

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

トップに戻る